My Yahoo!に追加 Add to Google Subscribe with livedoor Reader
ファーストフード 英語 会話 > インスタント英会話コラム

英会話に関する記事:中学生のコミュニケーション能力

人間が、自分の意見を自分の言葉で表現できるかどうか、
ということは、その人の人生にも影響するかもしれない、大切な問題です。
これは、いわゆる、コミュニケーション能力といわれるものです。
英会話におけるコミュニケーション能力は、幼児でも、小学生でも、
友達との挨拶を通して、ゲームを通してそれなりに身に付いてくるものです。しかし、自分の言葉で、自分の意見を言えるようになるという真の意味での
能力が大切になってきます。
ある英会話の記事では、このコミュニケーション能力を高めるのに最適な時期は、13歳から15歳の中学生であるといっています。
小学生の段階なら、文法を覚える、英単語を暗記する、このような断片的な学習が一通り身に付けば、ひとまず、文章にできるようにする、それが目標でした。
しかし、中学生にもなれば、単なる文章作りの段階から、更に発展させ、
今度は、自分の考えを、自分のなりの英会話で表現できるようにしていかなければならないようです。

英会話に関する記事:文章作りの基礎

総合的な英会話能力を身に付けたい時期である、小学校高学年の子供たちのクラスのレッスンを担当している、先生の思いが掲載されている記事を見つけました。
これまでの、小学校低学年レベルの子供たちに要求されるレベルは、基礎的英会話が身につけばよいというものでした。
しかし、10歳を過ぎた子供には、「聞いて話す」という基礎的な段階を、「読み、書く、更には文章を作っていく」というレベルの習得までつなげていくのが目標である、といわれています。
そのために、単独で書かれている絵カード、単語カードも、組み合わせて使えるようにしていきます。
今まで身に付けた、英会話の知識を膨らませ、新たな別のイメージを作りあげていくということは、英会話だけにとどまらず、文章作りの第一歩なのではないでしょうか。
カードの利用だけでなく、耳から入ってきた英単語も、自分なりに加工していくという作業により、やがては、文章をすらすらと作りあげることができるようになっていくということです。

英会話教室を紹介する記事:ある教室のレッスン風景

ある英会話教室での、レッスン風景を紹介している記事があります。
対象年齢は10歳から12歳、ちょうど小学校高学年にあたる子供たちが対象の教室です。
その教室では、その月のダイアログを決めているようです。
出席をとるという、授業開始の段階から、そのダイアログを巧みに取り入れ、コミュニケーションの練習へと進めていきます。
一ヶ月間欠かさずに、同じダイアログを使い繰り返し練習するのですから、子供たちにとっても、比較的すんなりと、自分のものにしていきやすいようです。
次は、ゲーム形式で授業を進めていきます。
日常生活に関連付けた表現を使いながら、順番に練習していくのです。
ここで、ワークブックを登場させます。
ワークブックの使用は、その日に英会話で会話した内容や、レッスンで取り入れたゲームのルールを確認するためのものですが、自分で記入することにより、
書くことの練習にもつながるというメリットもあります。
授業の最後は、まとめとして、今日学習した英会話表現を繰り返し発話して、滑らかに言えるようになればOKです。
このように、まとめ作業をして再確認することも、英会話を身に付ける重要なポイントの一つであるようです。

英会話を紹介する記事:小学校高学年向けの教室に求めること

小学生でも、4年生以上の高学年になってくると、普段日本語で話す日常会話の中でも、語彙や会話内容も多様になってきます。
ですから、英会話教室に求められるものも大きくなってくるようです。
もちろん、英会話としての感覚を楽しく身に付けるためには、ゲームや、身体を動かす、アクティビティーを取り入れる学習法は、外すことはできないでしょう。
ある、英会話教室紹介の記事の中では、この年代からは「総合的な英会話力」を養うことを目的としていかなければならないとあります。
この記事では更に、英会話で読み、英会話で書き、英会話を使える、そんな知的レベルでの能力を身に付けさせることも、大切にであるとも言っています。
導入段階、練習段階としては、ゲームやアクティビティーを取り入れ、英会話に親しみながら、または楽しみながら学ばせていくとしても、授業の最後には、
必ずまとめをするということが大切のようです。
まとめとしては、ワークブックなどを使い、身に付いたかどうか再確認する、そんな英会話教室のありかたも良いかもしれません。
子供向けに数々ある教室では、それぞれ、思考錯誤しながら、工夫に工夫を重ねながら、カリキュラムを組んでいるのであろうと思われます。

小学校低学年向けの英会話に関する記事:友達作りと英会話

小学校低学年児童は、まだまだ遊びたい盛りの時期でもあります。
学校での授業も比較的早く終わり、遊べる時間もまだ多いものです。
しかし、以前とは違い、子供が自由に遊べる空間が少なくなってきています。
しかも、悲しいことに、近年では、不審者の多発や子供を狙った凶悪な犯罪も多く、益々子供が屋外で遊べなくなってきているのが、現状です。
子供たちは、自分たちなりの遊びを通して、コミュニケーション能力を養うものですが、そんな機会もなかなかないと、心を痛めている人も多いことでしょう。、
ある英会話教室に、小学校低学年の子供を通わせている、お母さんの記事があります。
そのお母さんのコメントが掲載されており、「地域になかなか遊び場もなく、年齢の合う遊べる友達がいない。そこで英会話教室に通わせることで友達ができ、楽しく通っている」ということでした。
もちろん、英会話を習得させることが、子供を英会話教室に通わせる、第一の目的であることには間違いありません。
しかし、英会話教室で友達ができ、一緒に歌を歌い、英単語のカードゲームを楽しむ事から始めていくうちに、いつの間にか英会話での、更には普段友達作りに必要な
コミュニケーション能力もついてきます。
レッスンを楽しく続けていける、というのは、何よりの英会話上達の秘訣です。
そんな意味でも英会話教室に、友達作りなど、英会話習得以外の付加価値を求める人も、少なくないといえるでしょう。

小学行校低学年向けの英会話に関する記事:カードゲームを取り入れたレッスン

最近の子供たちに大人気な遊びに、カードゲームがあります。
人気のキャラクターを使った簡単なものから、難しそうな対戦をするカードまで、様々あります。
子供たちはカードにあるイラストや文字を通して、その意味をとらえ、器用に扱っていくのです。
英会話の教室でも、カリキュラムにカードゲームを取り入れている教室も多いようです。
カードにある絵を見て、また、英単語やフレーズを読み取って、意味を理解したり内容を捉えたりする、という練習に有効利用するようです。
カードゲームを英会話教室で使うことにより、時には聞き取りの練習になり、また時には、会話の練習の教材としても、素早く反応する練習にもなります。
日頃から、カードゲームに慣れ親しんでいる子供たちにとっては、英会話教材の一つであるとしても、それを遊びの感覚として容易にとらえることができるので、
楽しみながら勉強できるというわけです。

英会話学習を紹介する記事:小学校低学年向けの英会話教室

6歳から9歳くらいの、小学生低学年向けに、プログラムを組んでいる英会話教室の記事があります。
その英会話教室が目指しているものは、やはり「英語の基礎力を身につける」ことのようです。
遊び感覚から入って、習得させる教授法は、低年齢の子供と同様です。
しかし、遊びの中でも、先生の話す英語を耳で聞いたら、今度はそれを理解できるようになる、そういう能力も身につける必要があるといわれています。
先生の話す英語を耳で聞いたら、まず、素早く反応しなければなりません。
そして、聞いた内容を理解することが求められます。
更には、それを話すという行動に結び付けるまで、繰り返しレッスンを受けるうちにできるようになるのです。
このような、英会話の基礎的な能力を身に付けるのに適しているのが、6~9歳といった年齢層の子供であるといわれています。
乳児期や幼児期の子供たちのように、先生の英語を聞いて、身体を動かしたり真似をしたりしていくうちに、自然に英語が身についていくという英会話習得方法の
延長ともいえますが、何よりも、英語としての幅を広げることを重要視しているようです。

小学校低学年向けの英会話に関する記事:挨拶と歌から始めるレッスン

ある、小学生1年生から3年生くらいのの低学年向けの、英会話教室のレッスンの内容を、紹介している記事があります。
英会話レッスンの始まりとして、まず、名前を呼んだり、挨拶を交わしたりします。
英語で会話する場合でも、相手とのコミュニケーションを図ることは、とても、大切なことですね。
相手のご機嫌を伺うという、挨拶を交わす場では欠かせないフレーズの会話もしていき、やがて大人になっても使える、英語でのコミュニケーション能力も
身に付いていきます。
やはり、小学校1~3年生の子供たちも歌が大好きですから、みんなで歌うことは、もちろんレッスンには欠かせないようです。
ここで、注目すべきは、子供たちが、歌詞の内容そのものに興味を持てるよう、歌詞の内容を重視して、歌を選んでいるということです。
その歌に出てくる、単語やフレーズを、次に学習するダイアログへと発展させていくのです。
子供たちにとっても、興味ある内容を覚えるればいいわけですから、比較的すんなりと英会話が身に付きやすいのではないでしょうか。

子供英会話を紹介するコラム:幼児期の子供の英会話練習

3歳から5歳時の幼児期の子供は動きも活発になり、運動能力も身についてくる時期です。
また、この時期の子供は保育園、幼稚園などの集団生活にも入り始め、自立を始める時期ともいえます。
幼児期の子供の英会話教室を紹介するコラムに、運動感覚を重視し、身体を動かしながら、リズム感よく英語の練習をするということが、有効な英会話勉強法といえる、という記事があります。
身体を動かしながらも、先生の話す英会話を聞き、大きな声で発音していきます。
クラスのみんなと身体を動かす様々なゲームをし、楽しい英語の歌を歌っていったり、お友達と楽しみながら英会話を練習できるというプログラムが組まれているようです。
英語の使い方や、文を頭で覚えることは重要ではありません。
特に幼児期の子供は、色んなことを身体で吸収していくことのできる年齢です。
英会話に関しても、大きな声でゆっくりでもいいから、どんどん先生の真似をしてしゃべっていくことにより、自然な感覚で英会話が身につく、ということを目指して
いるようです。

英会話記事の紹介:0歳から2歳児の英会話習得法

0歳の赤ちゃんから2歳位までの子供を対象とした、英会話のクラスを紹介するコラムがあります。
もちろん、レッスンはお母さんと一緒です。
お母さんと小さい子供が一緒に楽しむことで、少しでも英語に親しむというスタンスで、レッスンしているようです。
まずは、英語の歌から始まります。
次に、あいさつです。
あいさつも名前も、毎回英語で繰り返し言われることにより、自然に耳から聴く、英語に慣れることができるようです。
その後は、先生の英語を聴いて、それに身体で反応する、という動きの練習をします。
飽きやすい年齢の子供たちでも、走り回りながら、時にはごろごろしながらも、繰り返し耳に入るということが習得につながります。
また、カードで、物の名前を理解したり覚えたりするという練習もあるようです。
レッスンのまとめとしては、毎回、お母さんが先生に質問をする時間も設けられています。
英語で会話するということには、程遠いかもしれませんが、子供が英語に親しむことはもちろん、お母さんにとっても勉強になりそうです。
このような英会話レッスンを毎回繰り返すことで、子供たちの脳に、自然に「英語に親しむ」という回路をインプットしていくというのが、大きなねらいといえそうです。

英会話記事の紹介:赤ちゃんから始める英会話

人間は、赤ちゃんの時から、言葉はしゃべれなくても、お母さんや家族だけでなく周囲の人々と、コミュニケーションしながら育っていくものです。
これは、いわゆるベビーサインと呼ばれる、人間が会話ができるようになる前から、お母さんや周りの人と意思の疎通を図ることで、感性豊かに育つといわれている
ものです。
そして、人間は生まれながらにして、言語獲得能力をもつともされています。
ベビーサインに英会話を取り入れると、将来的にも、英会話の能力が身につくといわれています。
ベビーサインに英会話を取り入れよう、ということを紹介している記事も、たくさんあります。
会話はできないけれど、赤ちゃんの時期から英会話で話しかけたり、英語の歌や、英語を使った手遊びや、コミュニケーションをすることが、よいといわれています。
中には、英語だけでなく、英語と日本語の両方で赤ちゃんに話しかけて、効果があったというご夫婦もいるようです。
その他にも、アルファベットで書かれている絵本を利用して、赤ちゃんとコミュニケーションをとる、という方法を紹介する記事もあります。
中でも目を引いた記事としては、生後1歳前後でなんと50単語を理解したという、まさに天才的ともいえる、驚くべき子供がいると紹介されている記事もあります。

英会話習得に役立つメールマガジン

メールマガジン、いわゆる「メルマガ」を利用して、無料で、英会話情報を得るという、画期的な英会話習得法を紹介する記事があります。
もちろん、最初は自分のメールアドレスを登録するところから始まります。
アドレスを登録しておきさえすれば、定期的にメールで、英会話を学習する上で必要な情報が送られてくるというものです。
送られてくる情報としては、日常的に必要な会話表現や、すぐに役立つ単語などを集めているようです。
また、貼られているサイトからネイティブスピーカによる音声も聴くことができる、とありますので、ヒアリングの練習にももってこいですね。
しかもアドレス登録は、自宅もしくは会社、好きなところから登録できますから、使いたい場所でメールを受け取り、使いたい場面で有効利用できるという、
嬉しい無料サービスだといえそうです。

続きを読む "英会話習得に役立つメールマガジン" »

無料英会話スクール

インターネットで検索してみると、英会話習得に関するコラムは、たいへん多いものです。
「会員登録すれば、ぺらぺらになれます。レッスン料は無料です。」という記事も、そのひとつです。
この習得方法でも、やはりオンライン登録は必要ではありますが、テレビやラジオなどで活躍する、有名な先生方が登場して、英会話のレッスンをしてくれるようです。
こちらの、オンラインで利用できる無料の英会話レッスンでは、まず会員制のサイトをひらいて、配信されているレッスンを紹介しています。
内容としては、リスニングスキルを強化する練習問題、文法をクイズ形式で覚えようというものなどがあるようです。
その他には、パソコンに、単語やエッセイ、身近なフレーズなどをダウンロードして、練習するというレッスン方法も紹介してあるようです。
無料で英会話を習える、というところに、とても、心引かれるものがありますが、いずれにせよ、会員登録しなくては始まりません。

無料配信利用でビジネス英会話のレッスン

毎日同じ会話を繰り返し練習することは、英会話だけでなく、全ての言語を学習するのに有効な手段です。
しかし、一日に確実にひとつのフレーズを覚えて習得していく、という勉強法もあります。
ある英会話に関する記事の中では、「毎日一日にひとつのフレーズをネットで無料配信していく」というサービスを取りあげていました。
この記事で紹介している、英会話スクールの無料サービスは、最初に登録をして、登録完了後に毎日無料配信を受けるというものです。
例えば、ビジネスマンの人なら、仕事の商談などに有効な例文を毎日一つ取りあげて、説明つきで配信してくれます。
一例として、社内で役立つコミュニケーションの用語例があります。
また、ビジネスマンにとって欠かすことのできない、株式情報や、景気の動向などもあるようです。、
それだけでなく、グローバルなシーンでも役立つために、海外出張時に有効な意見交換や、交渉場面での用語例なども挙げられています。
一口に無料配信といっても、英会話内容は幅広く、中・上級者レベルの人にに有効に使える会話例を集めているようです。

無料オンラインで英会話教師を探そう

英会話を学習するために、様々な記事が利用できます。
英会話を学習するなら、ネイティブスピーカーに習うべきか、それとも、まずは日本語の話せる日本人教師に習うべきかと、悩むところです。
文法を重視するとか、学校で習う英語授業の補助的な学習ができればよいとか、または、大学入試などの試験の対策をしたいと思うのであれば、日本語で説明できる、
日本人教師に習うことがよいと思う人もいるでしょう。
反対に、発音を良くし流暢な会話をしたい、ヒアリング能力を高めたい、すぐにでも使えるフランクな表現を学びたいのなら、ネイティブスピーカーの教師に習いたいと思う人も多いのが現状だと思います。
そういう現状を踏まえ、今ではオンラインで教師を無料で検索し、自分にあった教師を見つけることができるという画期的なサービスが登場しているようです。
英会話だけに限りませんが、オンラインで習いたい言語と住んでいる地域などの条件を入力すると、自分の住んでいる地域の英会話教師を検索することができるのです。
更に、教師の国籍や性別などの情報も合わせて得られるというのですから、これも、大変便利なオンラインサービスの登場といえます。

英会話オンライン上で無料情報をゲット

オンライン上で、「無料で差し上げます。お気軽にどうぞ!」という広告が、目に飛び込んでくるときがあります。
よく見てみると、簡単英会話を収録したミニ本をダウンロードできる、というものでした。
こちらの英会話スクールに関する記事の中では、ついでにオンラインテキストも、無料でもらえると書いてありました。
無料で何かオマケについてくる、という英会話スクールに関する記事は、子供英会話スクールの紹介記事でも、よく見うけられるフレーズの一つです。
無料体験をすると、更におまけがもらえるとあれば、誰でも興味深々になること間違いなしです。
子供から大人まで、やはり「無料」という魅力的な言葉にはたいへん弱いものです。
人々の深層心理をつく戦略であるとはわかってはいても、それに乗って無料商品をゲットでき、更には自分に合った英会話習得方法を見つけることができれば、もはや
言うことはありません。

英会話に関する記事:無料体験授業

無料で授業を受けられる英会話スクールの中でも、オンライン上での授業ではなく、実際に学校に赴いて、体験授業を受けてみるというプログラムを紹介する、
という記事もあります。
無料体験授業では、その学校の環境や雰囲気を感じ取ることもできますし、学校側からの説明や、現在通っている生徒さんからのアドバイスなども聞くことができます。
英会話学校に通学して、英会話学習をする場合、同じ目的を目指す人たちと、実際に英語を話す雰囲気の中で学習できる、というメリットがあります。
もし、通学して学習したいと考える場合、たった一日でも無料の体験授業を受けられれば、授業内容から学校の環境までを、自分の目で見極めることができる、
大変有意義なものになります。
こういう意味での「無料」というのも、大変価値のあることだといえますし、一度体験してみるのもよさそうですね。

目を引く無料英会話教室に関する記事

インターネットで検索してみると、英会話に関する記事は、たいへん多いものです。
英会話に関する記事の中には、「料金一切なし、無料で英会話を勉強してみませんか」などいう、大変魅力的なメッセージを載せているものあります。
このフレーズは、結構目を惹きますし、無料という言葉につられて、ついついアクセスしたくなってしまうものです。
しかし、無料のレッスン内容は様々です。
例えば、「会員登録をすれば料金は取りません。無料でオンラインの英語レッスンが受けられますよ。」などと宣伝するものもあります。
テレビ、ラジオでお馴染みの先生の指導を受けられ、これから初めて英会話を習う人も、すでにバイリンガルやプロ級の人なども対象にして、会員になることで、
英語力がアップできるとなれば、今すぐにでも詳細を知りたくなるものですね。

英会話スクールの選び方

英会話スクールを紹介する、英会話に関する記事はたいへん多くあります。
どんな場面で英会話を必要とするか、何のために英会話を習いたいのかなど、英会話を習う目的は、人によって様々です。
また、英会話を習う期間や方法、投資できる金額や費やせる時間など、英会話スクールを選ぶ基準も人それぞれですし、実際に英会話スクールを選択するとなると、
大変悩む人も多いことでしょう。
英会話スクールに通って英会話を習得したいという人のために、ある英会話に関する記事では、いくつかの英会話スクールにおける内容の比較を掲載しています。
は、実際の英会話スクール名と、クラスの人数、講師はネイティブスピーカーかもしくは日本人講師であるのかなどを、徹底的に比較
しています。
更に、英会話スクールの比較記事では、それぞれの英会話スクールの特徴をあげています。
このように一目で比較できる、英会話に関する記事記事から情報を得て、英会話スクールを選択することは、大変簡単で有効な手段です。

インスタント英会話

日常生活で使われているような様々な英会話表現、日常英会話をインスタントに習得できる方法は、今では実に様々なものがあります。
そのなかの一つ、「インスタント英会話」をご紹介します。
「インスタント英会話」の教材は、たった一枚のCD、これだけです。
使用方法としては、ただひたすらCDを繰り返しリスニングするのみです。
この「インスタント英会話」には、簡単な朝、昼、晩の挨拶や、日常的によく使う会話表現、旅行先で食事に出かけたときや、ショッピングのために立ち寄ったお店での店員さんとのやり取りなどの会話など、英会話を学ぶ上で最初に覚えておきたいフレーズが、ネイティブスピーカーによって録音されています。
また、天気の話題や、相手の体調の気遣いや自分の健康状態を話したりなどの会話表現についても収録されています。
つまり、この「インスタント英会話」には、人間関係を円滑にする上で役立つ、基本中の基本といえるフレーズが収録されているのです。
また、ビジネスシーンに有効な、簡単な表現方法も収録されているので、ビジネスマンにも役立ちます。
CDリスニングを紹介している、英会話に関する記事の中では、「様々な場面に使える簡単な英会話表現をCDで繰り返し聴き、自分でも繰り返すことが大切である」
といわれています。
「インスタント英会話」などの教材を時には用いて、難しく考えず、リラックスした状態で、毎日英会話を繰り返し聴き返すことが、大変有効な英会話習得法であるようです。

英語圏では無口だと能力がないと思われます。

英語圏文化では無口で言葉が少ないと能力がないと思われてしまいます。

謙虚では英語圏文化では通用しません。

多少オーバーな方が英語の表現をするのには適しているようです。
アメリカ人が書いてくる履歴書に中級と書いてあったらまず初級と思えばまちがいないというくらいです。

英語圏文化では別人格をもつくらいの気合がいります。

そうでないと誤解を招いてしまうかもしれません。

英語圏文化でのおもしろい英会話

英語と一言にいっても、英語圏文化での英語は国によって方言というか訛りみたいなものがありますよね。
イギリス英語は聞き取りやすいけれども、シンガポール英語は聞きとりにくいとか。
オーストラリアでは「Thank you」を「ta」とか言ったりします。
略語のようなもので、イギリスの階級の低い人達の言葉らしいです。
ちなみにイギリスではほとんど聞かないらしいのですが。
マレーシアやシンガポールではセンテンスの語尾に「la~」というのを付けて話すのをよく耳にします。
「Thank You la!」といか言っています。
なんだかおもしろい感じもします。
母語が広東語らしいのですが、日本で言えば静岡の方言で「~ら」と文尾につけたりします。
ちょっと違うかもしれませんがそんな感じでしょうか。
おもしろいですよね。
英語圏内ではそんなたのしいおもしろい英会話も楽しめます。

楽しい英会話コラム

日本で言う「フライドポテト」はアメリカ英語では「French fries」だがイギリスでは「chips」といいます。

また、コカコーラはアメリカでは日本と違って、ペプシコーラのほうが強いようです。

日本でお釣りをもらうときは引き算形式ですが、アメリカでは足し算形式で渡していきます。

このように文化の違いなどを知ることも楽しい英会話を取得するのにはかかせないかもしれません。

「インスタント英会話コラム」のコメントについて

「インスタント英会話コラム」に関するコメントを記事別に募集しています。より有益なサイトになるように「インスタント英会話コラム」情報をお願いします。

「インスタント英会話コラム」のトラックバックについて

各記事のトラックバックは「インスタント英会話コラム」に関するもののみ受け付けます。トラックバックしていただく記事を「インスタント英会話コラム」のアンカーテキストでリンクしていただけるとありがたいです。(相互リンク)

「インスタント英会話コラム」に関連サイトとの相互リンクについて
このサイトは相互リンク募集中です。「ファーストフード 英語 会話」に関連するサイトでしたらOKです。